1978年創業の香港の初のリネンサプライヤーのMillionful社lをご紹介します。

Millionfull社とは? 

Ngan家がビジネスを始めたのは1978年でした。当時は、香港のリネン問屋のパイオニア的存在でしたが、今では、数の少ないリネンや麻の生地の専門店として有名です。 

現在、 Martin Nganは家族の2代目として、Millionfullを引き継いでいます。 Martinは、他店舗と同じように生地のコレクションを広げず、家族の伝統を受け継ぎ、最高品質のリネンと麻の生地を提供することに集中することに決めました。

Millionfull's linen and hemp products

Millionfull社のリネンと麻布

なぜリネンと麻布なのか?

リネンはコットンに比べて高価で、しわになりやすいという欠点がありますが、Millionfull社では長年にわたり、環境に優しいリネンと麻の生地にこだわってきました。リネンの原料である亜麻は、コットンに比べて土地への影響が少なく、水の消費量も少なく、収穫時の農薬の使用量も少ないと言われています。

Millionfull社では、ヨーロッパ産の亜麻を使用したリネンや、オーガニック認証のリネンも扱っています。これらのリネンは、亜麻の植え付けから、紡績、織布、染色までの各工程で、GOTS認証を元に生産されています。 (Global Organic Textile Standards). 

なぜMillionfull社は#INVISIBLEBAGを選んだのか?

衣料品業界では、特に調達や商品化の際に、プラスチック製のポリ袋に梱包された素材が顧客に届くことがよくあります。Millionfull社はこの習慣を変えるべく、ファッションを愛する顧客に、環境に優しい素材で梱包されたサステナブルな素材を提供する、トータル・エコ・パッケージ( the total eco package)を目指しています。   

Millionfull packages their Linen sample in #INVISIBLEBAG

Millionfull 社のリネンサンプルは#INVISIBLEBAGに梱包されています。

Martin氏が #INVISIBLEBAGを紹介されたとき、すぐにプラスチックの代替品として、また生地サプライヤーのパッケージングの問題を解決する素晴らしい製品になると思いました。#INVISIBLEBAG’のの特性と、二酸化炭素と水だけに変換され、地球上に有害な残留物を残さないという事実は、彼が求めていたものであり、Millionfull 社のミッションと価値観に完全に一致する製品を見つけることができたと言います。

...

You may also like: GreenPrice: On a Mission to Eliminate Food Waste, Compostable Packaging: Can it be Effectively Used in Your Region?


過去の投稿