CHI Tachinomi:日本の環境に配慮したユニークなスタンディングバー

伝統的に立呑み屋は、労働者階級の人々が仕事の疲れを癒すために利用する簡素なバーでした。CHI Tachinomiのロゴマークは、このような状況を反映しています。指は、箸、飲み物、焼き鳥、タバコなど、30分ほどの休憩時間に何かを持っているように見えます。

眺めの良いカジュアルな日本料理

Chi tachinomi by the Central Pier

セントラル埠頭のCHI Tachinomi

セントラル・フェリー・ピアにあるCHI Tachinomiは、香港のスカイラインを眺めながら食事ができるよう、主にテイクアウェイ料理を提供している。テイクアウェイ料理では、多くの不要な包装材が廃棄されていることを認識し、できる限り廃棄物を削減することに努めています。

持続可能性に向けた小さな一歩が重要です。 

サステナビリティは、業界を問わず、すべての企業の設計図に必要な要素であるはずですが、大規模なブランドや企業にとっては、小さな変化であっても、それを実現するのは難しく、長い時間を要するものです。

A Customer buying take away from Chi Tachinomi

CHI Tachinomiが#INVISIBLEBAGを使ってサステナビリティに挑戦

しかし、Chi Tachinomiのような小規模な企業にとっては、変化は簡単に実行でき、大きな成果を上げることができます。もちろん、環境に配慮した製品の初期費用は、従来のプラスチックに比べて高価なことが多く、中小企業にとっては負担が大きいのですが、これらの費用は時間の経過とともに減少し、特に多くのブランドが環境に配慮した製品を扱うようになれば、このトレンドへの道を切り開く手助けをしているCHI Tachinomiの姿は非常にポジティブです。 

廃棄物を出さないことで、より良いライフスタイルを実現

香港では、人々は持ち帰り料理の便利さに慣れているので、たとえ料理をオフィスや自宅に持ち帰ろうと思っても、使い捨てのカトラリーを期待してしまいます(金属製のカトラリーがあっても、それを使うでしょう)。さらに、カトラリーが衛生的であるとみなされるためには、プラスチックで包装されていることが期待されますが、これでは余計なゴミを増やしてしまうことになります。

CHI Takinomi using compostable bowl

CHI Tachinomiがテイクアウトにコンポスト可能な容器を使用

CHI Tachinomiでは、テイクアウト用のカトラリーは必要ないという考え方を広めようとしています。さらに、お客様に自分のランチボックスやカップを持ってきてもらうことで、ゴミを出さないランチを実現しています。 

インビジブルCHI、個性的なアクター

テイクアウトした料理を運ぶのにも何か必要なのではないかと考えたCHI Tachinomiは、環境に優しいソリューションを求め、#INVISIBLEBAGと提携しました。現在、CHIのお客様は、お持ち帰り用の水溶性かつ生分解性のバッグを、再利用、溶解、廃棄のいずれかを選択できるようになっています。

Delicious kawa Yakitori served in  CHI Tachinomi

CHIタチノミで食べる美味しいカワ焼き鳥

...

環境に配慮した美味しい日本食を食べるなら、セントラルピア7のGround floorにあるCHI Takinomiがお勧めです。容器やカトラリーを持参して、気持ちよく食事をしてみてはいかがでしょうか。 訪れる前に、インスタグラム@chitachinomi をチェックしてみてくださいね。


過去の投稿 新しい投稿