堆肥化性な素材の使用可能な地域

まず最初に、コンポスト(堆肥化性)とは何か?

コンポストとは、通常、酸素の存在を前提とした好気的なプロセスで物質が分解することを指します。有機廃棄物が堆肥化されると、生物が自然に有機物を酸化させ、硝酸塩、硫黄、硫酸塩に変換し、栄養豊富な肥料となります。廃棄物として少量の二酸化炭素が発生しますが、好気性コンポストは、副産物としてメタンが発生することが多い廃棄物の埋め立てに比べて、はるかにクリーンな方法です。

What is compostable and biodegradable infographic

 

コンポストや生分解性とは何ですか?

なぜコンポストなのか?

コンポストは、有機廃棄物を自然な方法で処理するだけでなく、有機肥料を生産し、園芸や家庭での土壌改良に使用することを目的としています。堆肥化は、埋立地で処分される都市固形廃棄物(MSW)の量を減らし、埋立地から排出されるメタンガスを削減し、製品の全体的なカーボンフットプリントを減少させるのに役立ちます。

 

 

2 Types of Composting and their common functions

産業用コンポストと家庭用コンポストの共通機能について

産業用堆肥化と家庭用堆肥化の比較

最近では、多くの製品に「コンポスト(堆肥化性)」というラベルが貼られていますが、必ずしも本当にコンポスト(堆肥化性)であるとは限りません。第一に、コンポストには家庭用コンポストと産業用コンポストの2種類があり、第二に、コンポスト可能なパッケージが正式に認証されるには、さまざまな基準を満たす必要があります。

Home composting vs industrial composting bag

家庭用のコンポスト容器と産業用のコンポスト容器の比較

家庭用堆肥化

家庭用堆肥化は、通常、特別に設計された家庭用堆肥化容器で行われ、特定の廃棄物を数ヶ月かけて分解し、栄養価の高い土壌を得ることができます。家庭用堆肥化容器の条件は、通常、最高温度に達する程度で、堆肥化可能と表示されている多くのバイオプラスチック製品を分解するには十分ではありません。

産業用堆肥化

産業用堆肥化は、温度、酸素濃度、水と空気の投入量を制御することで条件を最適化し、有機物を迅速に生分解して有害物質を含まない堆肥化を生成する、複数のステップからなる堆肥化プロセスです。

パッケージには堆肥化性と書かれています。これは良いことですか?

家庭でも産業界でも、生ごみの処理にはコンポストが有効ですが、世界中の多くの産業施設では、コンポスト可能と表示されている包装材やバイオプラスチックを受け入れていません。このように、世界中で使い捨てレジ袋の代替策が模索されている中、コンポスト可能なバイオプラスチックの使用が一般的になってきていますが、これは必ずしも私たちが期待していたポジティブなニュースではありません。 

堆肥化可能と表示するためには、これらの要件を満たしていることを証明する認証が必要ですが、家庭での堆肥化に適しているのか、それとも産業用の堆肥化にのみ適しているのかを明確に示す必要があります。例えば、コンポスト可能なプラスチックカップの多くはPLAから作られていますが、これは家庭用コンポスト装置では十分に分解されませんが、産業用施設では分解されます。

 

コンポスト可能な証明書とその要件

Compostable logos around the world infographic

世界各国の産業用堆肥化および家庭用堆肥化について

認証のガイドラインと要件は特定の要件によって若干異なりますが、産業用コンポストの要件を満たすためには、製品は一般的に以下を満たす必要があります。

・堆肥中で180日以内に材料の90%以上が生分解すること。
・12週間以内に、材料の90%以上が2mm以下の破片に分解されること。
・出来上がった堆肥が植物やミミズに有害な影響を与えないこと。
・重金属などの有害物質が最大許容値を超えて存在してはならない。
・プラスチック材料には、50%以上の有機物が含まれていること。

 

では、堆肥化可能な素材を使ってはいけないのでしょうか?

本当に堆肥化可能な素材であれば、もちろん、使い捨ての素材からより持続可能な包装方法への移行をサポートする可能性がありますが、適切に使用され、適切な廃棄物回収システムが導入される必要があります。 

家庭用のコンポスト製品は最近開発されたもので、現在のところ国際的な基準は設けられていません。例えば、オーストラリアのAS 5810は、他の多くの地域がガイドラインのベースとしており、次のような内容を定めています。「12ヶ月以内に材料の90%以上が生分解され、コンポストや植物、ミミズに有害な影響を与えず、材料に50%以上の有機物が含まれていること」。

 

世界のコンポスト事情

世界には、コンポスト可能な材料を取り入れ、その処理を意図した通りに管理している地域がいくつかありますが、そのような国であっても、事態は必ずしも一筋縄ではいきません。

Composting development around the world
世界の堆肥化開発

例えばオーストラリアでは、コンポスト可能なパッケージの回収システムが非常に未発達であることを多くの人が認識していません。つまり、企業や個人は、地域で堆肥化可能な廃棄物の回収サービスを受けることができなかったり、回収はできても消費者やリサイクル業者が堆肥化可能な材料とリサイクル可能な材料を識別できず、廃棄物の流れの中で二次汚染が発生したりする可能性があります。 

パッケージングは、技術的に堆肥化可能であり、その国の基準に適合している場合にのみ堆肥化可能と呼ぶべきです。また、消費者とリサイクルサービスの両方にとって、家庭用コンポスト素材と産業用コンポスト素材を明確に区別する必要があり、単純なロゴマークだけでは不十分です。

その他の例

香港

  • 現在、香港では2つの大規模な産業用コンポスト施設が稼働していますが、いずれも生ごみのみを受け入れています。香港の埋立地に毎日投棄される都市固形廃棄物の30%が生ごみであることから、今後数年のうちに追加施設を開設する方向で開発が進められていますが、これらの施設も優先的に生ごみのみを受け入れるように設定されています。
  • 家庭でのコンポストは、スペースや社会的認知度が低いため、あまり行われていません。

 

アジア

  • 堆肥化は行われていますが、その方法は限られています。いくつかの産業施設が存在しますが、受け入れているのは食品廃棄物のみで、海外の施設に比べて比較的小規模です。
  • このことは、リサイクルのインフラや、ごみの量を減らすための技術利用のギャップを示しています。ASEAN諸国では、堆肥化や焼却の経験が少ない。(UN, 2017)

英国

  • 多くの企業や消費者が使い捨てプラスチックからの脱却を急速に進めていますが、これは必ずしも廃棄物・リサイクル業界の運用能力と一致しているわけではありません。170以上のコンポスト産業施設が存在しますが、そのうちどれだけの施設がパッケージ廃棄物を受け入れているかは不明です。
  • 英国のようにリサイクルシステムが整備され、消費者の意識も高い地域では、包装製品のライフサイクル全体を考慮すると、リサイクル可能なバイオプラスチックと従来のプラスチックのどちらが環境に優しいかを論じることができます。

アメリカ

  • 米国には産業用コンポスト施設が数多くあり、その多くが数年前からパッケージ廃棄物を受け入れています。問題は、何が受け入れられ、何が受け入れられないかについて、州ごとに様々な規制があるため、消費者にとって非常に分かりにくいことです。30州で、500以上の異なる規制があると言われています。

とはいえ、規制は進化しており、これらの課題に適応しようとする企業も増えてきています。しかし、さらなる改善が必要であり、そのためには、小売業者、堆肥化可能なパッケージの製造業者、堆肥化施設が協力して、インフラを整備し、手頃で実行可能な選択肢となるようにする必要があります。

では、企業は堆肥化可能な材料を使うべきでしょうか?

もちろん、本当にコンポスト可能な素材であれば、使い捨ての素材からより持続可能な包装方法への移行をサポートする可能性がありますが、適切に使用される必要があり、適切な廃棄物回収システムが必要です。

コンポスト可能な製品を検討する際、ここで考慮しなければならないのは消費者教育であり、関係するすべてのステークホルダーと一緒に取り組む必要があります。

ブランドや企業はまず、自社の製品が、米国のASTM D6400や欧州のEN 13432など、販売する地域の認証基準を満たしていることを確認する必要があります。また、便利な回収システムがあるかどうかを調査した上で、製品を正しく廃棄する方法をお客様に教育する必要があります。小売業者と廃棄物管理協議会は、消費者が混乱したり、堆肥化の流れを汚染する可能性のある他の「生分解性」材料を誤って送ったりしないように、簡単に識別できる視覚的なシステムを協力して構築する必要があります。

製品が市場に出回るようになったら、地方自治体や政府は、堆肥化可能な材料を識別して廃棄する正しい方法や、回収のためにこれらをどのように分離する必要があるかについての教育プログラムを提供する必要があります。また、家庭でコンポストを行っている消費者に対しては、どの製品が家庭でのシステムに適しているのか、どの製品が産業用コンポストにしか回収されないのかを正確に理解する必要がある。 

回収されたコンポスト施設では、コンポスト不可のパッケージが取り除かれ、コンポスト可能な材料が高品質で無害な最終製品に加工されるようなシステムが必要です。

コンポストの未来について

堆肥化可能な材料が本当に有益であるためには、まず、その地域の廃棄物管理インフラが適合している必要があります。産業用の堆肥化施設がない場合や、あっても生ごみのみで包装材は受け付けていない場合は、残念ながら堆肥化可能な材料を使用するメリットはほとんどありません。堆肥化可能な材料は、リサイクル用の廃棄物の流れを乱すか、埋め立てられて堆肥化できなくなるからです。

#INVISIBLEBAG は、米国規格ASTM D6400および欧州規格EN13432に基づき、理想的な堆肥化条件で180日以内に材料の90%以上が微生物によって二酸化炭素(CO2)に変換されることが工業的堆肥化可能であると認定されています。有害な残留物は残らず、残りのシェアは水とバイオマスに変換されます。

洗練されたコンポストシステムが使用されているかどうかに関わらず、すべての国で実行可能なソリューションである#INVISIBLEBAG は水溶性であり、ASTM D5511規格により埋め立て地での生分解性が証明されています。 

堆肥化可能なパッケージの分野にはまだ改善の余地がありますが、ほんの数年前に比べてはるかに発展した分野であり、廃棄物管理ソリューションとして大きな成功を収める可能性を秘めています。自分自身や仲間を啓発するために、自分の地域の施設や、堆肥化可能な材料が選択肢になるかどうかについて、もっと調べてみてはいかがでしょうか。

#INVISIBLEBAG の詳細や使用方法、廃棄方法については what is #INVISIBLEBAG page!のページをご覧ください。

 

Sources:

 


過去の投稿